【導入事例】モダンで洗練されたホテル。アート作品で非日常を演出する

PROJECT

2021.06.24

麻布に佇む秘密基地のようなホテルにアート作品を導入しました。エントランスで来客を出迎えるのは、アラーキーの愛称で知られる写真家荒木経惟の作品。大人の隠れ家的なシックな空間に鮮やかな彩りを加え、非日常の空間にふさわしい作品を飾っています。フロアの各部屋には、存在感はありつつも主張しすぎない上品な作品を展示。テラスのある部屋には、若手作家の彫刻作品を置くことで遊び心を演出しました。

Client
2269 AZAVV様
業種:宿泊施設
作品数:28点
合計費用:225,000円/月額

-Entrance-
NOBUYUKI ARAKI
《”ARAKI”より》2020
H1270×W1016mm
《”色情花”より》2020
H762 ×W1016mm

MARLON GRIFFITH
《REBELLION》2016
H560×H560mm

HIROYUKI SUZUKI
《UNTITLED 40 _ F》1994
H500×W500mm

ROBERT INDIANA
《The Book of Love Poem (Red)》1996
H650×W550mm

KEISUKE HARUYAMA
《希望/Hope》2015
H910×W606mm

DAISAK
《Pine Apple》2020
H350×W390×D450mm

CONTACT US

当社へのお問い合わせ・資料請求は下記より承っております。