「WALL ART」リリースのお知らせ

PRODUCT

2020.07.27

空間の特性を最大限活かしたダイナミックな壁画をオフィスに


ART TECHNOLOGIESでは、イラストレーターやグラフィックデザイナー、サインペインターなどの幅広い表現方法のアーティストと共に、公共空間におけるWALL ARTをご提案しています。

独自のディレクションにより、オフィス、店舗に向けて、企業理念を表現した内装のご提案をさせていただきます。

<MOVIE>

---WALL ARTとは---

1970年代、アメリカで始まったされるグラフィティー(落書き)はキースヘリングやバンクシーなどストリートアーティストの手によって現在は現代美術として認識されるようになりました。

欧米をはじめとする多くの国々ではオフィスや外壁、公共事業の一環としてWALL ART(MURAL)というジャンルが確立されました。
平面の作品とは違い、価値がつけにくいこともあり100号のキャンパス作品とそれぞれ同じサイズの壁画では全く価格が変わってきます。

壁画の場合、作家が自発的に描く作品と違いクライアントが必ずと言っていいほど存在します。
私たちはクライアントの意向、好み、そして環境を考慮し、作家とクライアントの間に入るアートディレクションを作家の選定から請け負ってます。

また、動画制作、SNSでの施策もご提案しています。

---Art Technologiesによる WALL ART導入の流れ---

①現地にスタッフがお伺いし、壁のサイズや環境を確認いたしします。
②アートディレクターをご紹介し、お客様のコンセプトやご予算をお伺いします。
③お客様のご意向を元に、ディレクターが作家を提案いたします。作家が確定しましたら数回のラフスケッチを提出させていただき内容を固めます。
④実際の制作が始まります。制作時は制作風景を撮影したり観賞することも環境や作家によってはもちろん可能です。

詳しくは、メールでお問い合わせください。

お問い合わせはこちら

CONTACT US

当社へのお問い合わせ・資料請求は下記より承っております。